クラウンバイオ、免疫療法のための新しいヒト化標的モデルを発表

サンディエゴ発, April 27, 2018 (GLOBE NEWSWIRE) — クラウン・バイオサイエンス・インターナショナル (Crown Bioscience International、TWSE:6554) の完全所有子会社であり、世界的な創薬研究開発サービス企業としてオンコロジー、炎症、心血管、代謝疾患の研究を進めるためのトランスレーショナルプラットフォームを提供しているクラウン・バイオサイエンス (Crown Bioscience, Inc.、以下「クラウンバイオ (CrownBio) 」) は、癌免疫治療 (I/O) 薬の開発を進めるための新しいトランスジェニックCD3Eモデルを発表し、ヒト化薬物標的モデル (HuGEMM™) の既存のポートフォリオを強化している。